歯の生え際の見た目が悪くなってしまうメタルボンド

保険適用外になっている差し歯においては、オールセラミックの他にメタルボンドなどもあります。
しかし、メタルボンドは口コミとしてよく寄せられる意見として、歯の生え際の見た目が悪くなってしまうというものが見受けられます。

そういった事から、オールセラミックを選んだ方が良く、噛み合わせについてもメタルボンドより優れています。
そのため、京都の歯科医ではオールセラミックの方が選択されることが多く、今後はますますニーズが高くなってくると考えられています。

そこで気がかりになるのはオールセラミックの価格という事になるのですが、3万円から5万円程度で値付けされているケースが一般的です。
オールセラミックは自分の歯のように特殊な液剤を使用して光を照射し白くさせられないのですが、着色について心配する必要はありません。

オールセラミック用に開発された製品を使えば、付着している汚れが分解された上で取り除かれるため、いつまでも白い状態が保たれます。
京都に限った話ではないものの、金属アレルギーがあるのに銀歯などを使ってしまいアレルギー症状になる方は多いので、身体に変化が起こらないオールセラミックを選ぶように意識していくと安心です。

この記事へのコメント